2016年03月10日

ペレのあたらしいふく

「ペレのあたらしいふく」
エルサ・ベスコフ さく・え  おのでらゆりこ やく 福音館書店

ペレは小さな男の子。子羊を一匹飼っています。
育ち盛りのペレ、だんだん服が窮屈になってきました。
そこである日、子羊の毛を刈り取りました。
そしてまずおばあちゃんのところへ持っていき、毛をすいてほしいと頼みました。
その代わりに、ペレはおばあちゃんの畑の草取りをしました。
次は毛を紡いでもらいに、もう一人のおばあさんのところへ・・・
こうして、ペレは次々にいろいろな大人のところへ行きお願いします。
そして大人たちはペレにできる仕事を言いつけ、ペレはそれをするのです。

ようやくペレのあたらしいふくが出来上がりました。
ペレは子羊のところへ行き、こう言います。「新しい服をありがとう」
何といっても、子羊がいなければ服は出来上がらなかったのですから。
今日は日曜日、ペレは新しい服を着て教会に行くのでしょう。

何かを得るためには対価を支払分ければならない、そんな当たり前のことを描いた絵本です。
身の回りのものを自分で手作りしていた時代。
子供のペレも、お父さんやお母さんに新しい服を買ってほしいとせがむのではなく、自分で手に入れようとするのです。
現代ではこのようなことは少ないでしょう。

困難に立ち向かった時、呆然と立ちすくまず、どうしたらいいかを考える強さを持った人間になりたいと思いました。

また、服が出来上がる過程を楽しみながら知ることができる絵本です。
4歳ぐらいから楽しめます。
集団での読み聞かせにも向いています。

ペレのあたらしいふく [ エルサ・ベスコフ ]

ペレのあたらしいふく [ エルサ・ベスコフ ]
価格:1,296円(税込、送料込)



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
posted by ちびごりら at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック