2016年03月16日

ものぐさトミー

「ものぐさトミー」
ペーン、デュボア 文・絵  松岡享子 訳  岩波書店

トミー・ナマケンボはとってもなまけんぼう。
電気仕掛けの家に住んでいます。
朝、起きてからなんでも機械にやってもらいます。
お風呂に入るのも、歯を磨くのも、ご飯を食べることさえやってもらっちゃう。
トミーのやることは、ベッドに入るために長い長い階段を上ることだけ。
ところがある日、停電が起きたのです。
さあ、電気仕掛けの家はどうなったでしょうか。

こんなことまでやってもらうのっていうぐらい、トミーは何にもしません。
すべて機械がやってくれる家。
ちょっと住んでみたい気がします。

トミーの食事には驚きます。
つめたいおかゆ、あついおかゆ、バナナ五本、リンゴ四つ、卵六個分の炒り卵、ベーコン十切れ、ジャムつきトースト八枚、それからオレンジジュース五杯、ミルク十杯、ココア七杯。
すごい大食漢。
こんなに食べて太らないのかしら。
っていうか、どうしてこんなにたくさん食べられるの?

1年生ぐらいから楽しめると思います。
集団での読み聞かせにもよいでしょう。


にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
posted by ちびごりら at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434993584

この記事へのトラックバック