2018年03月04日

ぐりとぐらのおおそうじ

「ぐりとぐらのおおそうじ」
なかがわりえこ と やまわきゆりこ 福音館書店

ぐりとぐらは、のねずみの兄弟。
ある朝、起きると、カーテンの隙間からお日様が差し込んでいました。
二匹がカーテンを窓を開け放すと、お日様が部屋いっぱいにあふれました。
「春のにおい!」

そして二匹は、部屋の中のほこりに気がついたのです。
冬の間、ずっと閉めきっていたからですね。

そこで、二匹は大掃除をすることにしました。
ところが、掃除道具はどれもぼろぼろで、役に立ちません。
どうしよう?
二人が考え出したのは・・・

ぐりとぐらシリーズの1冊です。
暖かい春の日に読みたい絵本。
大掃除をすると決めた二匹は、チョッキを脱いで袖をまくり、やる気満々です。
でも、ほこりよけの格好には、笑ってしまいます。
暑そうなんだけど、大丈夫なのかな?
そして、二匹が掃除をする姿は、珍妙としかいいようがありません。
うさぎのギックがぎょっとするのも当たり前。
でも、二匹は大まじめ。
歌を歌いながら、掃除を楽しんでいます。
確かに、こんな掃除方法なら楽しそうですね。

3歳ぐらいから小学校低学年まで楽しめます。
集団での読み聞かせにも向いています。




にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
posted by ちびごりら at 19:37| Comment(0) | 大きい子の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。