2018年11月09日

かぜフーホッホ

「かぜフーホッホ」 三宮麻由子 ぶん  斉藤俊行    福音館書店

女の子が窓辺で本を読んでいると、風でページがめくれます。
お兄ちゃんに誘われて、散歩に行きました。
風ではためく洗濯物。
渦を巻く落ち葉。

女の子は、いろいろな場面で風を感じます。
冷たい秋の風は、いろいろな表情を見せます。


表紙には、全身で風を感じている女の子。
目を閉じて、風の音に耳を澄ませているようです。

風にはためく洗濯物、巻き上がる落ち葉、揺れる木の葉・・・風に吹かれて様々な音を立てます。
その表現が、とても個性的。
特に、女の子が竹藪の竹に耳をあてると、不思議な音がするのです。

うろこ雲、紅葉、ススキの絵など、秋を感じる絵本。
外に出かけて、存分に秋を楽しみたくなります。


3歳ぐらいから楽しめるでしょう。
集団での読み聞かせにも向いています。




にほんブログ村


にほんブログ村
posted by ちびごりら at 06:25| Comment(0) | 大きい子の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。