2018年11月29日

からだのなかでドゥンドゥンドゥン

「からだのなかでドゥンドゥンドゥン」 木坂涼 ぶん 
あべ弘士   福音館書店

お友達の胸に耳をぴったりつけてみると、音が聞こえてくる。
ドゥン ドゥン ドゥン ドゥン・・・
イヌも音が聞こえる。トゥックン トゥックン トゥックン トゥックン・・・
ネコは、ウックン ウックン ウックン ウックン・・・
生き物はみんな、身体の中で音がする。
その音は・・・


心臓の音を聞くと、生き物の生命力を感じます。
それぞれの生き物に、それぞれの心臓の音。
その違いを、丁寧に表現しています。
生き物たちが優しく寄り添っている姿に、互いを大切に感じている様子が伝わります。

読んだあとで、互いの心臓の音を聞いたり、いろんな動物の音を聞きたくなります。
それぞれの生き物の、命の重みを教えてくれる絵本です。

絵本には3歳からと書かれていますが、2歳から楽しめるでしょう。
集団での読み聞かせにも向いています。
親子でも読んでほしい絵本です。




にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
posted by ちびごりら at 09:26| Comment(0) | 知識の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする